2017年の貿易黒字、過去最大を更新-輸出が輸入の伸びを上回る-

(ブラジル)

サンパウロ発

2018年01月17日

2017年のブラジルの貿易収支は669億9,000万ドルの黒字となり、2年連続で過去最大の黒字幅を更新した。穀物生産量の増加やコモディティー(市況商品)価格の上昇などによる輸出の拡大が要因だ。内需の回復に伴い、輸入も増加した。2018年についても、国内景気の回復と輸出相手国の堅調な経済などから、貿易収支は引き続き黒字を堅持することが予測される。

ビジネス短信 0d882724a1eacba3

記事本文は、会員の方のみご覧いただけます。

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp