9月の通貨切り下げ以降、インフレが進行-輸入食品やガソリン価格では40%前後の高騰も-

(ウズベキスタン)

タシケント発

2017年12月26日

国家統計委員会によると、10月の消費者物価指数(CPI)上昇率は年初比で9.3%、うち食品は9.4%、非食品は10.3%、サービスは7.2%となった。2016年通年のCPI上昇率は5.7%で、2017年9月には7.8%だったことから、9月の通貨スム切り下げ以降、インフレが進んでいることがうかがわれる。

ビジネス短信 98cf2c21a4a5dd26

記事本文は、会員の方のみご覧いただけます。

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp