1. サイトトップ
  2. 世界のビジネスニュース(通商弘報)
  3. 新たな有望分野やスタートアップ向けを強化-変化する政府系投資ファンドの戦略(2)-

新たな有望分野やスタートアップ向けを強化-変化する政府系投資ファンドの戦略(2)-

(シンガポール)

シンガポール発

2017年08月09日

政府系投資ファンドのテマセク・ホールディングスは近年、ハイテクやバイオ、アグリビジネスなど有望分野への投資比率を高めるほか、内外のスタートアップへの投資を拡大している。同じく政府系投資ファンドのGICも、安定収入が見込める欧米の学生寮への投資を積極化している。テマセクとGICの投資戦略を伝える後編。

通商弘報 f31ffae7af4b7f91

記事本文は、会員/購読者の方のみご覧いただけます。

ご質問・お問い合わせ

よくあるご質問

ログインやメール版通商弘報などのよくお寄せいただくご質問とそのご案内をまとめました。
お問い合わせをいただく前にご確認をお願いします。

通商弘報ご購読・ご利用に関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ及び中国経済情報研究会の方

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
    E-mail:jmember@jetro.go.jp

「通商弘報」定期購読の方

ジェトロ海外調査計画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:kouhou@jetro.go.jp