成長するアルコール飲料産業、輸出に加え消費も拡大

(メキシコ)

メキシコ発

2017年06月06日

アルコール飲料の生産拡大に向けた投資が続いている。5月3日にビール最大手モデロ・グループ(Grupo Modelo)がユカタン州の最新工場の開所式を行い、5月23日には英国酒造大手ディアジオ(Diageo)がハリスコ州にテキーラなどの工場の起工式を行った。メキシコは世界最大のビール輸出国だが、アルコール飲料の消費量も2016年に英国を抜いて世界7位となっている。近年は日系企業の進出ラッシュに伴う在留邦人の増加で、日本酒や焼酎の日本からの輸入が急増している。

ビジネス短信 07aebefa8f2a01d2

記事本文は、会員の方のみご覧いただけます。

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp