1. サイトトップ
  2. 世界のビジネスニュース(通商弘報)
  3. 米西海岸港湾、現行労働協約の2022年までの延長を提案-労使交渉の円滑化が狙い-

米西海岸港湾、現行労働協約の2022年までの延長を提案-労使交渉の円滑化が狙い-

(米国)

ロサンゼルス発

2017年05月18日

 米国西海岸の港湾を利用する船会社とターミナルオペレーターで構成される太平洋海事協会(PMA)が国際港湾倉庫労働者組合(ILWU)に対し、現行の労働協約を2022年7月まで延期することを提案したと地元紙が報じた。現行協約は2019年7月1日に失効するが、労使交渉のもつれから2014~2015年初に生じた荷役業務の遅れ(スローダウン)により、港湾は1日当たり20億ドルの損失を被った経緯を踏まえ、関係者は再び悪影響が生じることは避けたいと考えているようだ。

通商弘報 2bcb825e6b96e38a

記事本文は、会員/購読者の方のみご覧いただけます。

ご質問・お問い合わせ

よくあるご質問

ログインやメール版通商弘報などのよくお寄せいただくご質問とそのご案内をまとめました。
お問い合わせをいただく前にご確認をお願いします。

通商弘報ご購読・ご利用に関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ及び中国経済情報研究会の方

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
    E-mail:jmember@jetro.go.jp

「通商弘報」定期購読の方

ジェトロ海外調査計画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:kouhou@jetro.go.jp