1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. タール炭田開発が本格化、日本企業にも商機

タール炭田開発が本格化、日本企業にも商機

(パキスタン、中国)

カラチ発

2017年01月10日

 パキスタン南部のシンド州にあり、世界有数の埋蔵量を誇るタール炭田の開発が本格的に始まった。中国パキスタン経済回廊(CPEC)第1フェーズの中核事業の1つと位置付けられており、第2鉱区では2016年12月にコマツの建設機械が引き渡され、本格的な採掘が始まった。石炭は今後60年間、国内の火力発電に利用される。CPEC関連需要の拡大に伴い、日本企業にとっても建設機械、商用車、発電設備などの分野でビジネスチャンスが到来している。

ビジネス短信 ca574383eb9d60f1

記事本文は、会員の方のみご覧いただけます。

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp