1. サイトトップ
  2. 世界のビジネスニュース(通商弘報)
  3. 化学物質の警告表示の改正内容を弁護士が紹介-カリフォルニア州法プロポジション65でセミナー-

化学物質の警告表示の改正内容を弁護士が紹介-カリフォルニア州法プロポジション65でセミナー-

(米国)

ロサンゼルス発

2016年11月14日

 カリフォルニア州法プロポジション65(安全飲料水および有害物質施行法)では、がんや出生異常などを引き起こすとして900項目を超える化学物質がリスト化されており、これらに対し同州環境保護庁有害物質管理局(OEHHA)は警告文の表示を求めている。8月30日に警告文に関する規則が改正されたのを受け、ジェトロは10月18日、日系食品事業者ら向けに改正の概要を紹介するセミナーを開いた。

通商弘報 773d73491dbecb2f

記事本文は、会員/購読者の方のみご覧いただけます。

ご質問・お問い合わせ

よくあるご質問

ログインやメール版通商弘報などのよくお寄せいただくご質問とそのご案内をまとめました。
お問い合わせをいただく前にご確認をお願いします。

通商弘報ご購読・ご利用に関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ及び中国経済情報研究会の方

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
    E-mail:jmember@jetro.go.jp

「通商弘報」定期購読の方

ジェトロ海外調査計画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:kouhou@jetro.go.jp