上院改選、第1党の社民党は大敗も連立政権は安定多数を確保

(チェコ)

プラハ発

2016年10月28日

 10月14~15日に実施された上院の3分の1議席改選の第2回投票で、最大与党のチェコ社会民主党(CSSD)は10議席を失い大敗した。一方、連立を組むキリスト教民主連合・チェコスロバキア人民党(KDU・CSL)は9議席を増やし、連立政権としては安定多数の議席を確保した。しかし、KDU・CSLが中道右派の野党に接近を図る動きが出ており、2017年後半に予定されている下院総選挙への影響が注目される。

ビジネス短信 700a244b13e98e17

記事本文は、会員の方のみご覧いただけます。

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp