1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 菜種の中国向け輸出は現状維持、牛肉は規制緩和

菜種の中国向け輸出は現状維持、牛肉は規制緩和

(カナダ、中国)

トロント発

2016年10月05日

 カナダ外務省および農務・農産食品省は9月24日、ジャスティン・トルドー首相と中国の李克強首相が、菜種と牛肉の中国市場アクセスに関して合意に達したと発表した。2020年初頭までカナダ産菜種に対する中国の検査基準の厳格化が見送られ、現行のまま輸出できるとともに、2003年の牛海綿状脳症(BSE)発生を理由に中国が輸入を制限してきたカナダ産牛肉については、生後30ヵ月未満の子牛の冷凍骨付き牛肉が輸入許可品目に加えられることになった。

ビジネス短信 44f8aa9afc57cb62

記事本文は、会員の方のみご覧いただけます。

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp