1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. ソフト・ハード両面の整備進むマンダレー国際空港-運営会社MJAS副社長に聞く-

ソフト・ハード両面の整備進むマンダレー国際空港-運営会社MJAS副社長に聞く-

(ミャンマー)

ヤンゴン発

2016年07月21日

 マンダレー国際空港は国内線9社、国際線6社が乗り入れるミャンマー第2の国際空港だ。2014年、日系企業のMC-ジャルックス・エアポート・サービシズ(MC-Jalux Airport Services:MJAS)がミャンマー航空局との間で、マンダレー国際空港の30年間を基本とする事業権譲渡契約を締結し、2015年4月から同空港の運営を開始した。MJAS副社長である廣井太氏にマンダレー国際空港の現状について聞いた(6月28日)。

ビジネス短信 b327105e9addd34b

記事本文は、会員の方のみご覧いただけます。

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp