「隠し債務」発覚で財政は危機的状況に-格付け各社は相次ぎソブリン債を格下げ-

(モザンビーク)

ヨハネスブルク発、中東アフリカ課

2016年06月13日

 財政悪化や信用不安などから、格付け各社は2016年に入り次々とモザンビークのソブリン債を格下げしている。4月には13億5,000万ドルに上る「隠し債務」が明らかになり、ムーディーズが2度目の格下げをしたほか、IMFや世界銀行、英国などが財政支援を凍結している。こうした事態に、進出日系企業からは経済の先行きを不安視する声が出ている。

ビジネス短信 69c162dfdabfa791

記事本文は、会員の方のみご覧いただけます。

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp