1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 縮小する自動車市場に一層の懸念-輸入規制強化の動き(2)-

縮小する自動車市場に一層の懸念-輸入規制強化の動き(2)-

(アルジェリア)

パリ事務所

2015年08月20日

 アルジェリアの輸入規制強化策の後編は自動車市場に関する動きについて。国際収支の急激な悪化を背景に、アルジェリア政府は自動車をはじめ、外国製品の輸入制限を2014年後半から本格的に開始した。外貨建て決済を対象とした金融機関の与信制限措置、自動車向けの厳格な安全基準の導入などにより、同国の輸入自動車市場は2015年上半期に大幅に縮小した。さらに7月23日には新車登録税が大幅に引き上げられ、8月1日からは外貨建て決済がさらに制限されるなど、アルジェリア向け輸出のハードルは高まっている。

<輸入自動車市場の縮小が加速>

 アルジェリア・プレス・サービスによると、アルジェリア自動車市場は、2012年に過去最高の輸入台数605,312台を記録して以降、2013年は554,263台、2014年には439,637台と前年比で約20%減少した。2015年上半期(16月)の輸入台数は1888台で前年同期比22%の減少となり、輸入自動車市場の縮小は加速している。

 

 市場の急速な縮小は需要の低迷によるものではなく、経常収支と貿易収支の急激な悪化に対して政府が取った政策にあるとみられる(2015年7月22事参照)。中でも、新車輸入ディーラーの活動に関する条件と規則を定める201528日付政令第1558号や外貨建て決済制限措置が、国内業者の自動車輸入にとり大きな足かせとなっている。

 

<新車ディーラーの活動条件を厳格化>

 新車輸入ディーラーの活動に関する政令については、323日付産業・鉱山省令により適用細則が明らかにされた。新車ディーラーとしての営業認可の取得、ショールーム、販売網、アフターサービスの提供、人材育成など条件は多岐にわたる。また、ディーラーは認可取得後3年以内に、自動車産業に直接関係する産業・準産業活動に投資を行わなければならないと定められ、国内産業への追加投資が義務化された。さらに、輸入自動車自体についても厳格な安全基準が導入され、速度制限措置、エアバッグ、ヘッドレストなど、新たな機材、装置、機能の搭載が義務付けられた。しかし、これらの措置は国内外各方面からの強い反発に合い、512日付産業・鉱山省令の改定により、側面部のエアバッグ装着、横滑り防止装置(ESC)装備の2点が外された。

 

 省令の適用をめぐっては不透明な点が残っていたため、2015年春以降、アルジェリアに陸揚げされた輸入自動車の通関が遅滞し、滞貨や積み戻しとなる事例も発生した。なお、省令は移動式機器全般を対象としたため、発電機などの産業機器や建設機械も同様の事態に直面した。この緩和策として、政府は512日および723日付の産業・鉱山省令で、415日までに中継地を経由せず直接アルジェリア向けに船積みされた自動車に関し、323日の時点から半年以内に通関した場合、新しい安全基準は適用されないことを規定した。

 

<新車登録税を大幅引き上げ>

 これに続き723日付政令第011号で発効した2015年補正予算法により、2008年に導入された新車登録税が改定され、税額が大幅に引き上げられた(表参照)。小型車に相当する排気量800cc超~1500cc以下クラスの場合、ガソリン車が57%増の11万ディナール(約132,000円、1ディナール=約1.2円)、ディーゼル車が71%増の12万ディナール、またセダンに相当する排気量1500cc超~2000cc以下クラスの場合、ガソリン車が50%増の12万ディナール、ディーゼル車が78%増の16万ディナールとなり、今後の新車販売への影響が懸念されている。

 補正予算法には、新車登録税による税収の85%が公共交通開発基金に割り当てられると記されているが、現地主要紙「エルワタン」は今回の措置について、新車の輸入を制限し、貿易赤字の拡大を抑制するのが狙いだと分析している。なお、今回の新車登録税引き上げの対象は乗用車とバスのみで、商用車は対象外となっている。

 

<外貨建て決済の制限措置を強化>

 アルジェリア政府は自動車のみならず、輸入決済の制限強化により、輸入を幅広く規制する動きをみせている。アルジェリア中央銀行は、20141123日付第0314号「銀行または金融機関による対外的な保証金割り当て水準を定める指令」を発し、2014121日から、アルジェリア国内の商業銀行に対し、自己資本に対する対外的な輸入関連保証金割り当てに制限を課した。金融機関による輸入保証金の総額は自己資本の2倍を超えてはならないことが規定され、金融機関による信用状(LC)発行が制限されることとなった。さらに、中銀の2015722日付第0215号指令により、201581日から輸入保証金の総額が、自己資本の2倍から自己資本と同額へ引き下げられた。これにより、金融機関によるLC発行能力は半減することになった。

 

 新たな輸入制限措置や自動車向け安全規格の導入により、同国市場への輸出環境は厳しさを増している。輸出メーカーと現地輸入ディーラーが協議の上、現地での簡単な組み立てなど、輸入規制措置を回避する方策を検討する必要も出てくるだろう。

 

(ピエリック・グルニエ)

(アルジェリア)

ビジネス短信 fa4481fdf39f2682

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp