1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 第1四半期の実質GDPは前期比、前年同期比とも8期連続のプラス成長

第1四半期の実質GDPは前期比、前年同期比とも8期連続のプラス成長

(ベルギー)

ブリュッセル事務所

2015年06月17日

 国民経済計算研究所(NAI)によると、第1四半期(1〜3月)の実質GDP成長率は前期比0.3%、前年同期比0.9%で、いずれも8四半期連続のプラス成長となった。

<個人消費と輸出が成長に寄与>

 NAI61日、2015年第1四半期の実質GDP成長率を前期比で0.3%(季節調整済み)と発表した(表1参照)。429日発表の速報値からの修正はなかった。前年同期比では0.9%と、前期(1.0%)とほぼ同水準だった。前期比、前年同期比とも、2013年第2四半期から8四半期連続のプラス成長となった。

 実質GDPを需要項目別にみると、個人消費支出が前期比0.7%増となった一方で、政府消費支出は0.1%減少した(表2参照)。また、総固定資本形成は0.6%減と2期連続の減少となった。輸出と輸入はそれぞれ0.5%増、0.3%増となり、純輸出は0.2%増加した。

 産業別にみると、製造業が前期比0.2%増と回復した一方で、建設業は0.8%減と3期ぶりに減少した。サービス業は0.4%増とプラス成長を維持した。

 

CPIは上昇が続く>

 連邦経済省によると、5月の消費者物価指数(CPI)は100.862013年平均=100)で、上昇率は前年同月比0.56%と20144月以来の高水準となった。CPI上昇率は201411月以降、5ヵ月連続でマイナスを記録したが、20154月にプラスに転じていた。

 5月のCPI上昇率は前月から0.16ポイント上昇した。主な上昇項目は、燃料(寄与度:0.115ポイント)、切り花(0.025ポイント)、電力(0.025ポイント)、航空券(0.025ポイント)など。他方、野菜(マイナス0.090ポイント)や暖房用ディーゼルオイル(マイナス0.020ポイント)、携帯電話(マイナス0.020ポイント)は下落した。

 

(広木拓)

(ベルギー)

ビジネス短信 a3aa72429c15335f

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp