1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 粉乳は関税割当にとどまるも枠が毎年拡大-対韓FTAの主要農林水産物に関する取り扱い(1)-

粉乳は関税割当にとどまるも枠が毎年拡大-対韓FTAの主要農林水産物に関する取り扱い(1)-

(ニュージーランド、韓国)

オークランド事務所

2015年05月26日

 ニュージーランド・韓国自由貿易協定(FTA)の文案が公表された。その物品市場参入章の条文などから、主要農林水産物・食品に関する韓国側の取り扱いについて、4回に分けて検証する。1回目は乳製品について。時間がかかるが、多くの品目の関税が最終的には撤廃される。粉乳などの関税は維持されるが、一定の無税枠が設定されたことをニュージーランドの業界は歓迎している。

ビジネス短信 92710b2a14d316cc

記事本文は、会員の方のみご覧いただけます。

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp