1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 政策金利を2ヵ月連続で引き下げ1.50%に-景気回復の遅れと物価の下落が要因-

政策金利を2ヵ月連続で引き下げ1.50%に-景気回復の遅れと物価の下落が要因-

(タイ)

バンコク事務所

2015年05月07日

 タイ中央銀行は4月29日に定例の金融政策決定会合を開催し、政策金利(1日物レポレート)を0.25ポイント引き下げ、1.50%とした。輸出などの停滞により、第1四半期の景気が予想より弱く、回復のペースが遅いとみられることや、原油など燃料価格安が波及し、物価全体が下落傾向にあることから、景気回復を確実にし、物価水準を維持するためには引き下げが適切と判断した。

ビジネス短信 5542cb93cc970

記事本文は、会員の方のみご覧いただけます。

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp