1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. コーヒー生産に課題山積、2025年目指し国家規模でてこ入れ

コーヒー生産に課題山積、2025年目指し国家規模でてこ入れ

(ラオス)

ビエンチャン事務所

2015年05月08日

 国家コーヒー理事会が中心となり、2014年6月に「2025年までのコーヒー分野の開発戦略」が発表された。ラオス産コーヒーの課題と今後のビジョンおよび方策について分析したもの。近年、民間企業による大規模なコーヒープランテーションの参入が増加する一方、大部分の小規模生産者は伝統的栽培を続けている。本稿ではラオス産コーヒーの現状を紹介し、開発戦略で指摘された課題や方策について報告する。

ビジネス短信 553dd9890c738

記事本文は、会員の方のみご覧いただけます。

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp