欧米との競合で生産枠と人員の確保が課題-活況続くミャンマーの縫製業-

(ミャンマー)

アジア大洋州課、ヤンゴン事務所

2015年05月26日

 欧米による経済制裁の影響で長らく低迷を続けたミャンマーの縫製業は、2000年代半ばから日本や韓国からの注文が増え始め、近年では欧米からのオーダーも回復傾向にある。各国のミャンマーからの衣類品輸入は、最も停滞した2005年と比べ2014年は4倍強の金額となっており、民主化の進展とともに今後も拡大を続けていくことが予想される。

ビジネス短信 2a45254f4f94b180

記事本文は、会員の方のみご覧いただけます。

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp