政府が国有地などでの水圧破砕技術の使用規則を公示

(米国)

ニューヨーク事務所

2015年03月31日

内務省(DOI)は3月20日、国有地とアメリカ先住民居住区でシェール資源開発を実施する際の水圧破砕技術の使用規則を発表し、3月26日に公示した。地下水保全の保証、使用する化学物質などに関する透明性の改善、廃水の適切な処理、井戸の交差による汚染リスクの軽減を柱にしたもので、公示から90日後に発効する。新規則は既に存在する各州の規則内容を意識して作成されたが、産業界や一部の環境保護団体から不満の声も出ている。

ビジネス短信 55189de785ca0

記事本文は、会員の方のみご覧いただけます。

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp