1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 政府は支援策として輸出先の多様化を模索−最近のEU・ロシア関係の各国経済への影響−

政府は支援策として輸出先の多様化を模索−最近のEU・ロシア関係の各国経済への影響−

(ポーランド、ロシア)

ワルシャワ事務所

2014年09月24日

ドナルド・トゥスク首相がEUの対外的な「顔」となる欧州理事会常任議長に転身することが決まったポーランド。8月1日にはEU全体への制裁に先立ち、リンゴなど果物の輸入禁止措置が課されるなど、ロシア政府による制裁措置の影響を受けている。輸出額全体ではロシアの占める割合はウクライナと合わせても1割に満たず、影響は限定的とみられるものの、政府は輸出先の多様化を模索する。

ビジネス短信 541f92bc2a7b0

記事本文は、会員の方のみご覧いただけます。

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp