1. サイトトップ
  2. 世界のビジネスニュース(通商弘報)
  3. 柔軟な勤務体制が女性の社会進出を後押し

柔軟な勤務体制が女性の社会進出を後押し

(フィンランド)

ヘルシンキ事務所・欧州ロシアCIS課

2014年08月25日

少子・高齢化に伴う労働力人口の減少に対応するため、日本は国内外から女性労働力活用の必要性が指摘されている。課題は出産・育児を機に離職する女性が多く、なかなか社会復帰できないことだ。フィンランドでも、出産・育児を機に休業する女性は多いが、その大半は復職している。病児看護休暇制度など育児中の親を支援する仕組みに加え、多くの企業が柔軟な勤務体制を導入しているからだ。多様化する就業形態に合わせたオフィス環境を模索する企業も出ている。

通商弘報 53f593ea28488

記事本文は、会員/購読者の方のみご覧いただけます。

ご質問・お問い合わせ

よくあるご質問

ログインやメール版通商弘報などのよくお寄せいただくご質問とそのご案内をまとめました。
お問い合わせをいただく前にご確認をお願いします。

通商弘報ご購読・ご利用に関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ及び中国経済情報研究会の方

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
    E-mail:jmember@jetro.go.jp

「通商弘報」定期購読の方

ジェトロ海外調査計画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:kouhou@jetro.go.jp