1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 労働者保護的な新労働法に企業は苦慮−変化する中南米の労働・雇用環境(16)−

労働者保護的な新労働法に企業は苦慮−変化する中南米の労働・雇用環境(16)−

(ベネズエラ)

カラカス事務所

2013年12月05日

新労働法が2012年5月7日に特別官報第6076号で公布された。同法には雇用主の都合による解雇禁止、業務委託禁止、労働者の就業可能時間縮小、週2日以上の連休義務化など、過度なまでの労働者保護的な規定が含まれており、これに伴うコスト増などが企業の悩みの種になっている。ジェトロが2012年に実施した「中南米日系進出企業の経営実態調査」でも、現在直面している経営上の問題点として「労働コストの上昇」と答えた日系進出企業は約7割に上った。ベネズエラ編の最終回。

ビジネス短信 529e818adac00

記事本文は、会員の方のみご覧いただけます。

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp