1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. AFTA自己証明制度のパイロット事業始まる

AFTA自己証明制度のパイロット事業始まる

(ASEAN、シンガポール、マレーシア、ブルネイ)

バンコク発・シンガポール発・クアラルンプール発

2010年12月16日

シンガポール、マレーシア、ブルネイの3ヵ国は、ASEAN自由貿易地域(AFTA)利用に際しての原産地証明書(COO)発給手続きの簡素化・円滑化に向け、認定輸出者自己証明制度導入に向けたパイロットプロジェクトを開始した。期間は2010年11月1日から1年間。このプロジェクト結果を受けて、12年に本格導入を目指す。シンガポール税関は、自己証明制度が正式に導入されれば、約850の輸出者で年間約108万シンガポール・ドル(Sドル、1Sドル=約64円)のコスト抑制効果が期待できるとみている。

ビジネス短信 4d0866ceac9b8

記事本文は、会員の方のみご覧いただけます。

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp