日本企業の積極参入でゲーム機市場拡大の可能性−消費市場の動向(3)−

(イスラエル)

テルアビブ発

2010年03月30日

家庭用ゲーム機市場は年間4万〜6万台規模とみられ、約半数をソニーのゲーム機「プレイステーション」、残りをマイクロソフトの「Xbox 360」と任天堂「Wii」が分け合っている。「プレイステーション」は専売権のある総代理店(Isfar)がマーケティングや販売活動をしているのに対して、任天堂やマイクロソフトは複数の輸入業者が主に欧州の代理店などから輸入・販売している。そのため、積極的なマーケティング活動や、消費者が必要とするサポートやサービスがなく、売り上げが伸び悩んでいる。シリーズ最終回。

ビジネス短信 4bb15e4614050

記事本文は、会員の方のみご覧いただけます。

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp