日本産海外有望農林水産品目発掘調査研究 -米国市場における日本ワインの可能性-(2016年2月)

2016年02月29日

最終更新日:

本レポートでは、米国・ニューヨークエリアを中心に、関係者へのヒアリングを元に米国ワイン市場の概況と、日本産ワインの輸出可能性についてとりまとめた。米国は重量ベースで世界一位のワイン消費量を誇るワインの一大消費市場であり、他方、欧州やアジアに対して日本産ワインの輸出も始まっていることから、日本産ワインが米国向け輸出品として将来の有望品目となりうる可能性がある。

レポートをご覧いただいた後、アンケート(所要時間:約1分)にご協力ください。

発行年月:2016年02月

作成部署:ジェトロ農林水産・食品課、ジェトロ・ニューヨーク事務所

総ページ数:25ページ

関連情報

ご質問・お問い合わせ