高度外国人材活躍推進ポータル

高度外国人材関心企業情報杉江製陶株式会社

孔(あな)の向こうに未来が見える

English

日本の六(ろく)古窯(こよう)の一つである愛知県常滑市で1906年に産声を上げた弊社は、セラミックス一筋に110余年の歴史を有する老舗企業です。
主力商品である「セラダクト」は、日本で唯一のセラミックス製の地中埋設用ケーブル保護管で、地中から、より豊かで安全な、地球環境と共生できる社会づくりを支えています。
温暖な気候の知多半島の緑豊かな地域に所在する弊社とその社員の特長は、「親切で温か、気さくで朗らか」だと言われています。
長い歴史を有し、独創的な商品を持った、フレンドリーな杉江製陶で働いてみませんか。

高度外国人材
の採用希望

インターン
受け入れ

英語のみ
での対応可

高度外国人材に期待する役割

  • 海外進出等における外国企業との橋渡し役(ブリッジ人材)

高度外国人材に求める専門性

  • 文系(語学)
  • 文系(営業・マーケティング)
  • 文系(貿易実務)

業種

  • 窯業・土石

事業内容

昭和初期より長きに亘り、社会基盤整備に不可欠な各種の重要ケーブルを保護する、セラミックス製地中埋設用ケーブル管を製造、販売する製陶メーカーである。
昭和26年に考案したボルト締め多孔陶管は、誕生から約70年のロングセラー製品で、数多くのケーブルをコンパクトに収納できる省スペース構造で、敷設即、管路完成で工期短縮を実現できるなど、施工性、経済性に優れている。
また、セラミックの特長(硬い、燃えない、経年変化しない、資源循環できる)を活かし、「安全、安心」を守る公共の社会基盤整備事業に数多くの実績を誇っている。
昭和33年開通の関門トンネルを皮切りに、名神高速道路、東名高速道路など全国の高速道路トンネルの防災用ケーブルを守り、平成17年開港の中部国際空港で初採用されて以降、東京国際空港、成田国際空港など全国の28空港内で重要な設備である灯火や照明等を、また国際バルク港湾内の荷役機械(ガントリークレーン)の動力ケーブルを守っている。

関心国・地域

  • インドネシア
  • シンガポール
  • タイ
  • ベトナム
  • オセアニア全般
  • 北米全般
  • 欧州全般

詳しい情報を見る

English

この会社にコンタクトする

企業イメージ写真
空港使用イメージ

所在地

〒470-2387
愛知県知多郡武豊町字上山1丁目76番地
0569-35-2360

会社情報

資本金:5684万円
売上高:34億2916万円
従業員数:107人
設立年月日:1948年10月
http://www.sugie.co.jp/外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます