1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 調査レポート
  4. ウラジオストク・ハバロフスク スタイル(2017年4月)

ウラジオストク・ハバロフスク スタイル(2017年4月)

2017年04月30日

最終更新日:

ウラジオストク(人口:61万人)は、ロシア極東における物流の要の一つで、消費財を含む様々な貨物の輸入窓口である。

ハバロフスク(人口:61万人)は、ウラジオストクと並ぶ極東の二大都市の一つで、極東連邦管区の行政府が置かれる政治の中心都市でもある。行政の中心都市ということもあり市民の生活は安定しており、近年の特区制度により経済も活性化している。

極東市場はロシアでは比較的に競合が少ない地域であり、いまだに先行者利益を享受できる余地がある。また、ロシアの中では物価や給与水準が高く、人口こそ少ないものの、1人当たりの購買力は高い。

本レポートでは、両都市の消費トレンドを「衣」「食」「住」などを切り口として、写真を多く用いながら、統計データやインタビューと共に紹介する。

シリーズ名:スタイルシリーズ

主な図表:地図、基本統計(人口、GDPなど) 

発行年月:2017年04月

作成部署:ジェトロ・モスクワ事務所

総ページ数:60ページ

関連情報

ご質問・お問い合わせ