1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 調査レポート
  4. BOPビジネス潜在ニーズ調査報告書:バングラデシュの保健・医療分野(2010年3月)

BOPビジネス潜在ニーズ調査報告書:バングラデシュの保健・医療分野(2010年3月)

最終更新日: 2011年06月21日

遠隔教育と遠隔医療サービスなどを提供する情報通信事業bracNetは、バングラデシュの有力NGOであるBRACとデフタ・パートナーズによって立ち上げられた合弁事業である。マイクロファイナンスを提供するグラミン銀行も外国企業と提携して、グラミン・ダノン・フーズといったグラミン・ソーシャル・ビジネス・ジョイント・ベンチャーを複数立ち上げている。現地のNGOであるケア・バングラデシュなどは低所得階層に就業機会と所得をもたらす農村地域販売プログラムにおいてユニリーバ、バタと提携している。
このようにBOPビジネスが活発に展開されているバングラデシュの保健・医療分野を対象として、潜在ニーズ調査を実施した結果、深刻な砒素汚染を踏まえた水に関する啓蒙活動や、手洗いに関するさらなる啓蒙活動の必要性が認識された。また、腹痛、下痢、ガスティック(お腹にガスがたまり、お腹が張り、軽い腹痛がある症状)対策としての身体に優しい薬に大きな可能性があることや、栄養補助食品、防虫商品などにも大きな潜在ニーズがあることが明らかになった。
なお、本報告書は、日本貿易振興機構(ジェトロ)が経済産業省から受託事業として実施した平成21年度社会課題解決型の官民連携プログラム支援事業(社会課題解決型ビジネスに関する普及・啓発セミナー等事業)の成果物の一部である。

【目次】
第1章 バングラデシュの保健・医療分野における課題・潜在ニーズ
1. バングラデシュの保健・医療分野における課題・開発ニーズ
2. バングラデシュの保健・医療分野における開発ニーズに対応する商品・サービス
3. バングラデシュの保健・医療分野のBOPビジネス先行事例
第2章 低所得者層生活実態調査
1. 調査概要
2. 調査結果
3. 調査結果から考えられる潜在ニーズ
第3章 バングラデシュの保健・医療分野における潜在商品ニーズの析出
第4章 製品開発要件/商品仕様提案
1. 体にやさしい薬(整腸、疲労回復等)
2. 栄養補助食品(乳酸菌飲料、栄養添加食品等)
3. 防虫商品(ハエ取り紙、蚊取り線香等)
4. 防虫剤練り込み蚊帳
参考文献
参考資料


発行年月:2010年3月
作成部署:海外調査部 グローバル・マーケティング課
総ページ数:122ページ

記事番号:07000370

関連情報

ご質問・お問い合わせ