1. サイトトップ
  2. お知らせ・記者発表
  3. 記者発表
  4. 記者発表 2017年
  5. 世界最大級IT関連見本市「CEBIT 2018」、ジャパン・パビリオンの出展者を募集 ‐パートナーカントリーから日独欧連携のセカンドステージへ‐

世界最大級IT関連見本市「CEBIT 2018」、ジャパン・パビリオンの出展者を募集 ‐パートナーカントリーから日独欧連携のセカンドステージへ‐

2017年11月27日

ジェトロは、ドイツ・ハノーバーで開催されるIoT、ビッグデータ、AI、ロボット等先端技術を活用したB to Bソリューションの世界最大級展示会である国際情報通信技術見本市「CEBIT(セビット)2018」(会期:2018年6月12日~15日)に、440平方メートル規模の「ジャパン・パビリオン」を設置、本日11月27日よりパビリオン出展者を募集します。募集対象数は、国内中小企業を中心に30社程度を計画しています。
ジェトロは、今回のCEBIT2018において、ジャパン・パビリオンの出展と会期中のビジネスマッチングイベント等をとおし、CeBIT2017で獲得した商談を成果へと結実させるための場の提供と、新たな成果創出に資する日本企業への支援により、日独中小企業間の連携促進に取り組みます。

前回CeBIT 2017(2017年3月実施)では、2016年5月に行われた日独首脳会談において、日本が開催国ドイツのパートナーカントリーとしての参加要請を受けたことを契機とし、117社・団体から成るジャパン・パビリオンを設置、運営したほか、ジャパン・サミット、ビジネスネットワーキングといった各種イベントを開催し、参加日本企業による8,000件を超える商談を実現しました。
日独両国において、日本が提唱する「Society 5.0」及びドイツ発祥の「Industrie 4.0」の中核を成す情報通信技術の分野は、今後の益々の発展、成長が期待されており、前回出展した日本企業からも継続して出展したいという要望も多く寄せられています。

1.出品募集要項

出品募集期間
2017年11月27日(月曜)~2018年1月19日(金曜) 17時締め切り
応募方法
ジェトロのウェブサイトを通じて申し込み
採択結果の通知
審査を経て2018年1月下旬~2月上旬にかけて通知予定

2.国際情報通信技術見本市(CEBIT 2018)概要

名称
CEBIT 2018外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます(セビット2018)
会期
2018 年6月12日(火曜)~15日(金曜) 4日間 9時00分~18時00分
※6月11日(月曜)はVIP向けイベント開催のため、一般開放は行われない。
開催地
ドイツ・ハノーバー
会場
ハノーバー国際見本市会場(Hannover Exhibition Grounds
来場者数
200,000人超(前回実績・主催者発表)
出展者数
3,000社・団体(70カ国・地域)以上 (前回実績・主催者発表)
主催者
Deutsche Messe AG(ドイツメッセ株式会社)
出品分野
情報通信技術

3.ジャパン・パビリオン概要

主催
ジェトロ
募集対象
中小企業を中心に30社程度
出展規模
約30小間/ 約440平方メートル (商業ブース:30小間、政府ブース:80平方メートル)
※1小間=12平方メートル
出展分野
IoT、ビッグデータ、電子部品・デバイス、ビジネスソリューション、ERP、コマースソリューション、ECM、ウェブ/モバイルソリューション、ITサービス、ITインフラ、データセンター、ビジネスセキュリティ、コミュニケーション&ネットワーク、研究開発、他

ジェトロ・ものづくり産業課 (担当:佐藤、濱﨑)
Tel:03-3582-4631
E-mail:MONO@jetro.go.jp