マテリアル市場に関するフランス販路開拓(2024年6月)

2024年06月12日

最終更新日:

フランスはラグジュアリー・ブランドを多く世に送り出している傍ら、世界で初めて繊維廃棄物に対する在庫廃棄の規制に踏み切っている。マテリアル市場においても、世界共通の長期目標である「2050年カーボンニュートラル」の達成に向け、廃棄物を出さずに経済を循環するような、環境に優しく、機能性と美しさも両立できるサーキュラーエコノミーに適した資材が求められている。バイヤーとの商談を進めていくには、業界全体で急速に進むエコロジーへの移行の流れを適切に把握しておく必要がある。
本調査レポートでは、こうした背景を解説した上で、フランス、欧州におけるマテリアル分野における一般的なビジネスの進め方や留意点、並びに商談先となりうるマテリアル分野のトレンド情報、パリ市内で開催されるマテリアル分野の見本市情報などをとりまとめ、情報提供している。

発行年月:
2024年06月
作成部署:
ジェトロ海外展開支援部販路開拓課、ジェトロ・パリ事務所
総ページ数:
17ページ

関連情報

ご質問・お問い合わせ