1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 調査レポート
  4. 深センスタイル(2019年7月)

深センスタイル(2019年7月)

2019年07月16日

最終更新日:

深セン市は2018年に経済規模で香港を抜き、北京市、上海市に次ぐ中国第3位の都市に成長した。中国最大級の電子・コンピュータ関連産業の集積を誇り、華為技術(ファーウェイ)や騰訊(テンセント)といった中国を代表するグローバル企業の発祥の地でもある。かつての「ニセモノ」の一大生産拠点というイメージから、近年では多数のベンチャー/スタートアップが生まれ、ハイテク・IT・イノベーションなどをキーワードに世界に名を馳せるようになっている。
もともとは小さな漁村であった深セン市は、約30年で1,300万人を超える大都市に変貌した。そのため、土地のしがらみがなく自由な場所として、中国のみならず世界各地から「チャイニーズドリーム」を目指し多くの人材が集まる。若者が多く、飲食、ファッション、教育、レジャーなど、日本を含めて世界中の優れたものを取り込もうとする熱気にあふれている。
今回発行する「深センスタイル」は、一般市民の生活ぶりに加え、現地の飲食店、ブランドオーナー、スタートアップ企業のインタビューを数多く掲載。現地スタートアップとの連携を探る日系企業の声も盛り込んでいる。
本レポートは、2011年3月の調査を改定した第2版である。

シリーズ名:
スタイルシリーズ
主な図表:
地図、基本統計(人口、面積、気候、GDPなど)
発行年月:
2019年07月
作成部署:
ジェトロ・広州事務所

ファイルのダウンロード:

電子ブック形式で読む:

電子ブックはPCのほか、スマートフォンやタブレットでもご覧いただけます。ただし、レポート内のテキスト検索はできません。

関連情報

ご質問・お問い合わせ