プノンペンスタイル(2013年3月)

最終更新日: 2013年3月27日

急速な経済発展を続けるカンボジア。国内総生産の約60%はプノンペンから生み出されていると言われており、同国ではサービス産業の外資100%の会社設立が可能なことなどから、近年、「先行優位」を勝ち取ろうとする日本のサービス産業の動きが見られる。
近代的なビルの建設が進むかたわら、東南アジア独特の雰囲気も漂わせるプノンペンの実態を、「衣・食・住・余暇・暮らし」の各シーンに分け、写真やお宅訪問、インタビューとともに紹介する。

なお、本レポートは発行日より一定期間が経過しており、消費市場も変化していることから、参考情報として参照されたい。

主な図表:p4 カンボジア人口構成、主要都市情報など、p5 産業別GDP構成比、1人当たりGDPなど、p9 プノンペンエリア紹介

シリーズ名:スタイルシリーズ

発行年月:2013年3月

作成部署:ジェトロ・プノンペン事務所、ジェトロ・サービス産業課

総ページ数:55ページ

PDFファイルのダウンロード:

電子ブック形式で読む:

電子ブックはPCのほか、スマートフォンやタブレットでもご覧いただけます。ただし、レポート内のテキスト検索はできません。

記事番号:07001288

関連情報

ご質問・お問い合わせ