1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 調査レポート
  4. バンコクスタイル(2013年2月)

バンコクスタイル(2013年2月)

最終更新日: 2013年2月22日

人口約828 万人とタイ人口の約13%を占める首都バンコクでは、所得は全国平均の約2倍と突出して多く、第3次産業が都内総生産(GPP)の約83%を占めるなど、小売業やサービス業などが発展している。同国では以前から安価な労働力などを背景に日本の製造業の進出が多かったが、近年では消費市場としての魅力も高め、飲食店やアパレル、薬などの小売業、そして専門学校や結婚相談所などのサービス業の進出も見受けられる。
「バンコクスタイル」では、消費市場として魅力の増す<バンコクの今>を、「衣・食・住・余暇・暮らし」の各シーンに分け、写真、統計資料、お宅訪問、市民インタビューなどの切り口から紹介する。

なお、本レポートは発行日より一定期間が経過しており、消費市場も変化していることから、参考情報として参照されたい。

主な図表:タイとバンコクの家計所得、家計消費支出の内訳、モノ・サービスの価格(p5)、バンコクエリアマップ(p6〜7)等

発行年月:2013年2月

作成部署:ジェトロ・バンコク事務所、ジェトロ・サービス産業課

総ページ数:92ページ

PDFファイルのダウンロード:

電子ブック形式で読む:

電子ブックはPCのほか、スマートフォンやタブレットでもご覧いただけます。ただし、レポート内のテキスト検索はできません。

記事番号:07000366

関連情報

ご質問・お問い合わせ