1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 調査レポート
  4. 米国大統領選挙の結果に対する各国・地域の反響(2012年12月)

米国大統領選挙の結果に対する各国・地域の反響(2012年12月)

最終更新日: 2012年12月18日

2012年11月6日の米国大統領選挙で、民主党のオバマ大統領が再選された。諸外国・地域では、オバマ氏の再選を歓迎する反応が大半を占めた。特に、米国の経済・外交政策に関して、オバマ政権第1期目の方針が継続される見通しが立ったことが、各国・地域の首脳陣に一定の安心感を与えたようだ。

しかし、同時に、米国が抱える喫緊の経済・財政問題の見通しに関して、各国・地域が少なからぬ不安を抱いている様子もうかがえた。政権、議会が何も対策を講じない場合、2012年末を境に、消費者に対する実質的な大幅増税と政府支出の大幅削減が行われる、いわゆる「財政の崖」問題に関して、その先行きを懸念する声が目立った。そのほか、各国・地域が米国との間で有する関心事項についてまとめた。

発行年月:2012年12月

作成部署:ジェトロ北米課

総ページ数:42ページ

記事番号:07001148

関連情報

ご質問・お問い合わせ