1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 調査レポート
  4. 韓国における日本の書籍市場(2012年3月)

韓国における日本の書籍市場(2012年3月)

最終更新日: 2012年03月14日

韓国では日本の小説は2000年代半ばから人気を博している。特に村上春樹は人気で「ノルウェイの森」はロングセラー、「1Q84」はベストセラーとなっている。このほか、江國香織、奥田英朗なども人気。小池龍之介など実用書が人気を博することもある。韓国において日本の書籍が広い分野で受け入れられていることの証拠である。韓国における日本書籍の人気は韓国の出版社が積極的に翻訳したことによりもたらされた。これにともない前払いとして払われる先行税も高騰したが、最近では、「日本小説バブル」というものも落ち着きつつある。

主な図表:2000年代 小説分野のベストセラー20位中の日本小説-教保文庫

発行年月:2012年3月

作成部署:ジェトロ・グローバル・マーケティング課

総ページ数:27ページ

PDFファイルのダウンロード:

記事番号:07000842

関連情報

ご質問・お問い合わせ