1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 調査レポート
  4. 米国の新たな自由貿易協定(FTA)の動き(2011年12月)

米国の新たな自由貿易協定(FTA)の動き(2011年12月)

最終更新日: 2011年12月28日

米国議会は2011年10月、韓国、コロンビア、パナマとのFTAの実施法案を可決し、同法案はオバマ大統領の署名を得て成立した。各FTAは各国での手続きを経て2012〜13年にかけて発効する見通しである。本報告書では米国と各国との貿易概況、各FTAの分析、米国議会での批准を後押しした米国内の貿易調整支援(TAA)成立をめぐる議論とTAAの内容などを報告する。

I.まとめ

II.貿易概況
(1)米国の韓国、コロンビア、パナマ3カ国との貿易額(2010年)
(2)米国の輸出額に占める3カ国向けの割合
(3)米国の輸入額に占める3カ国からの割合
(4)米国の3カ国向け主要輸出入品目(2011年1〜10月)
(5)米国、韓国、コロンビア、パナマ4カ国間の貿易額(2010年)

III.米国の新たなFTA関連報告
(1)韓国、コロンビア、パナマとのFTA批准に向けた経緯(時系列)
(2)米国―韓国FTAの分析
(3)米国―コロンビアFTAの分析
(4)米国―パナマFTAの分析

IV.貿易調整支援(TAA)による国内への影響緩和措置
(1)貿易調整支援法の成否がFTA批准の最大のカギ
(2)FTAによる失業者の再就職をTAAで支援

V.協定の概要
(1)米国・コロンビアFTAを読む
(2)米韓FTAの概要(平成23年10月25日 外務省 資料)
(3)米国が締結した主要FTAの構成

発行年月:2011年12月

作成部署:ジェトロ北米課

総ページ数:70ページ

PDFファイルのダウンロード:

記事番号:07000790

関連情報

ご質問・お問い合わせ