米国におけるサービス産業基礎調査(2011年3月)

最終更新日: 2011年03月01日

小売、外食など日本のサービス産業の海外進出は近年急増しているが、海外のサービス産業市場については、まだ情報が不十分である。そこで、日本企業の関心が深いと思われる海外諸国のサービス市場について基礎的な調査を実施した。  
本報告では米国について、流通・小売、外食、対面型サービス、教育、輸送、建設の6業種を取り上げた。それぞれの業種では、業界の概要を述べるとともに、市場規模、市場シェア、市場の将来性、外資規制などを調査した。また、代表的企業のケーススタディも行っている。

シリーズ名:各国・地域におけるサービス産業基礎調査
主な図表: 流通・小売業の米国企業トップ5、外食産業の米国企業トップ5、対面型サービス業の米国企業トップ5 
発行年月:2011年3月
作成部署:ニューヨーク事務所、海外調査部グローバル・マーケティング課(問い合わせ先:サービス産業課)
総ページ数:121ページ

PDFファイルのダウンロード:

記事番号:07000711

関連情報

ご質問・お問い合わせ