1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 調査レポート
  4. 日本・コロンビア経済連携協定(EPA)研究会報告書(2011年9月)

日本・コロンビア経済連携協定(EPA)研究会報告書(2011年9月)

最終更新日: 2011年09月05日

2011年2月から4回に渡り開催された「日本コロンビア経済連携協定(EPA)研究会」(委員長:浦田秀次郎早稲田大学大学院教授、事務局:ジェトロ)を取りまとめた報告書。研究会は、自動車、家電等業界団体の代表者および有識者等9名で構成。報告書は民間部門から関係省庁への提言書として、日本政府のEPA交渉開始に向けた検討材料となることが期待される。特に、コロンビア市場で競合関係にある米国、EU、韓国企業と日本企業の間の関税差撤廃等競争条件の確保やビジネス環境整備の必要性を日本政府が認識し、政府がEPA交渉を開始することやコロンビアとのEPAに盛り込むべき項目について提言している。

主な図表:日本の対コロンビア輸出入、関税構造など
発行年月:2011年9月
作成部署:海外調査部中南米課
総ページ数: 1.日本・コロンビアEPA研究会報告書本文-------53ページ
         2.各委員・ゲスト発表資料(1)--------------------54ページ
         3.各委員・ゲスト発表資料(2)--------------------47ページ
         日本・コロンビアEPA研究会報告書(全文版)-----153ページ

記事番号:07000710

関連情報

ご質問・お問い合わせ