海外ビジネス情報

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。

各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。

国・地域別に見る

フランスを中心とする欧州のコンテンツ市場(2011年3月)

最終更新日: 2011年03月31日

ジェトロでは2年に1度、フランスにおける日本のコンテンツ市場の実態を調べている。今年は新しいテレビチャンネルやVoD(ビデオオンデマンド)の状況も紹介している。
フランスではネットの普及により、ネットを通じたVoDやインターネットのインフラを使ってデジタル放送を受信するIPTVが普及してきている。フランスでは、正規で日本のアニメを配信するネットサイトが2009年に2つ(Manga-News TV,WAKANIM)立ち上がり、またIPTVでも日本のコンテンツを主に放送する局が3局(No-Life, GONG, KAZE TV)設立されるなど、この分野での新規参入が活発である。一方でアニメDVDの売上は減少し、媒体の変化が見て取れる。
紙媒体のコミックスの売上は2009年、2010年と減少。フランスの市場を引っ張ってきた「NARUTO」と「One Piece」の売れ行きに頭うち感があることも市場の停滞を引き起こしている。市場を拡大させるような、新しいタイトルの登場が待ち望まれている。そのような中、「神の雫」は1巻あたり8万部が売れ、新しい読者層の開拓に成功している。

発行年月:2011年3月
作成部署:海外調査部 グローバル・マーケティング課 (問い合わせ先:調査企画課)
総ページ数:135ページ

PDFファイルのダウンロード:

記事番号:07000620

関連情報

ご質問・お問い合わせ