1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 調査レポート
  4. 2010年の対中直接投資動向(2011年4月)

2010年の対中直接投資動向(2011年4月)

最終更新日: 2011年04月15日

2010年の対中直接投資(銀行・証券・保険分野を含まず)は、実行ベースで前年比17.4%増の1,057億3,500万ドルと前年のマイナスからプラスに転じ、初めて1,000億ドルを超えた。業種別では、製造業が6.0%増の495億9,100万ドルだったのに対し、非製造業は29.6%増の535億4,800万ドルと大きく伸び、投資額全体の過半を占めた。国・地域別(タックスヘイブン経由を含む)では、1位の香港、2位台湾の順位は変わらず、日本はシンガポールに抜かれて4位に後退した。
2010年の対中直接投資動向について、今回から新たに対象地域として、内陸部の陝西省、四川省、重慶市、湖北省を加え、調査レポートとして取りまとめた。


発行年月:2011年4月
作成部署:海外調査部中国北アジア課
総ページ数:57ページ

PDFファイルのダウンロード:

記事番号:07000592

関連情報

ご質問・お問い合わせ