1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 調査レポート
  4. 米国の環境に対する市民意識と環境関連政策 (2011年3月)

米国の環境に対する市民意識と環境関連政策 (2011年3月)

最終更新日: 2011年03月18日

米国の環境政策を理解する上で重要な事項の一つとして、法制度が判例主義に基づくということがある。
環境関連の裁判において頻繁に用いられるコモンローの原則の一つが、「生活妨害」である。「生活妨害」は、土地・家屋の使用および享受を理不尽(unreasonable)に侵害することを意味する。市民の環境意識は一般的に高いとされる一方で、エネルギー消費の節約意識は低い。


シリーズ名:主要30カ国地域の環境に対する市民意識と環境関連政策
発行年月:2011年3月
作成部署:海外調査部グローバル・マーケティング課
総ページ数:23ページ

記事番号:07000548

関連情報

ご質問・お問い合わせ