1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 調査レポート
  4. 伝統産品領域での欧州市場参入に向けての準備(2010年5月)

伝統産品領域での欧州市場参入に向けての準備(2010年5月)

最終更新日: 2010年06月11日

伝統産品領域において、国際展示会等への参加を通して、欧州市場に参入しようと試みる企業は今日では少なくない。しかし、参入をしようとしている海外の市場は、当然のごとく国が違い、言葉が違い、メンタリティーや商習慣も違うことを改めて自覚する必要がある。つまり、自社が作り出す商材を海外市場でどのターゲットに向けて販売をしていくのか、どのように現地市場のニーズに適応するためにアレンジを加えていくか、発想の転換がポイントになる。
この「気づき」にいたるために必要な業務のいくつかを本報告書においてとりあげた。これが、海外進出を検討している中堅中小企業の方々の考え方の整理の一助となれば幸いである。


発行年月:2010年5月
作成部署:金沢貿易情報センター
総ページ数:45ページ

記事番号:07000300

関連情報

ご質問・お問い合わせ