1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 調査レポート
  4. 「中南米の注目産業」(ブラジル編)携帯コンテンツとフードサービス(2010年3月)

「中南米の注目産業」(ブラジル編)携帯コンテンツとフードサービス(2010年3月)

最終更新日: 2010年04月22日

本レポートは、平成21年度に実施した中南米における「注目」産業調査を国別にシリーズ化したものである。

中南米地域は、リーマンショックを背景とする世界経済減速の影響も限定的に、近年の好調な経済を維持してきた。一方、日本企業にとっては、鉄鋼、自動車、鉱物資源などの世界的な再編や環境・省エネルギービジネスの本格化等を背景に、中南米地域を経済回復後の重要な世界戦略拠点と捉える動きが活発となっている。これに加えて、進展する各種経済統合・二国間協定等も追い風となり、同地域ビジネスの魅力が増していると考えられる。そこで今回は、中南米にちらばる注目すべき各種未開拓ビジネスに焦点をあて、中南米地域に対する従来の食糧や鉱物資源のイメージにとどまらない可能性を発信することを目的とした。

ブラジル編である本報告書では、携帯コンテンツとフードサービスに関するビジネスを取り上げた。ブラジルでは良好な経済環境を反映し、新しい商品に対する消費者ニーズが増加している。現状では市場が未成熟な面も否定できないが、新規ビジネスとしての潜在的な可能性はいずれも有すると考えられる。



主な図表 : 携帯オペレーター別市場シェア、州別の耐久消費財普及率など
発行年月 : 2010年3月
作成部署 : ジェトロ・サンパウロセンター、海外調査部中南米課
総ページ数 : 21ページ

記事番号:07000209

関連情報

ご質問・お問い合わせ