1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 調査レポート
  4. 中国における陶磁器製品の市場動向調査(2009年3月)

中国における陶磁器製品の市場動向調査(2009年3月)

最終更新日: 2009年03月09日

中国の陶磁器製品の輸入は国内消費に比して非常に小さいものの、日本からの輸入は年々増えており、輸入全体の1/5を占めるまでになっている。

本調査で独自に行ったアンケート調査でも和食器が好きと回答したのは41%で洋食器が好きと回答した25%を大きく上回る。

このように中国では、日本製陶磁器への関心は高まっていると考えられる。その反面、輸入比率は非常に小さく、かつ、輸出の成功モデルとなる欧米企業の例もあまりないことから、日本企業が輸出を拡大しようとするときは独自で戦略を練る必要がある。

サブプライム問題以降、中国の個人消費も悪化しており、日本の対中陶磁器輸出も減少している。ただ、中国に進出している一部の日系企業では、不況の中売上を伸ばしているところもあり、中国進出を狙う企業は、市場の見極めが必要である。


発行年月 :2009年3月
作成部署 :海外市場開拓部
総ページ数 :43ページ

PDFファイルのダウンロード:

記事番号:05001644

関連情報

ご質問・お問い合わせ