1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 調査レポート
  4. 北米オンラインゲーム市場調査報告(2008年8月)

北米オンラインゲーム市場調査報告(2008年8月)

最終更新日: 2009年01月21日

2008年に入ってゲーム業界の好調を報じるニュースが相次いで流された。2008年3月のビデオゲームの売上は17億ドルに達し、前年3月の57%増となった(注:ハードウェアとソフトウェアの合計)。 また経済ニュースのテレビ局CNBCは、これからのゲーム産業の担い手としてオンラインゲームをハイライトした報道番組を放送した。同番組は、インターネットこそが今後のゲームのプラットフォームとして注目すべきだと指摘、MMOGと「Free to Play(無料でプレイ)がキーワードであると強調した。米国におけるオンラインゲームビジネスは黎明期から飛躍期に移行しつつあると言えそうだ。

北米のオンラインゲーム市場規模は、2005年に10億ドル、2006年には14億ドルと推定されている。 また2012年には45億ドルまで拡大すると見られている。なお本レポートにおけるオンランンゲーム市場規模に関するデータは、民間の調査会社が、企業、小売りチェーンなどから独自に入手した資料を元に推定値を算出している。従って調査主体によって推測値、予測値が異なることがある。本レポートは、売上、ユーザー数等の統計は調査会社DFC Intelligenceが2006年に発行した「Online Game Market」レポートのデータを採用している。同レポートは2005年データまでが推測値、それ以降は予測値となっている。


主な図表
1.北米のオンラインゲーム市場動向
 (1)米オンラインゲーム市場のマーケットサイズ
 (2)北米オンラインゲームの最新トピック
 (3)北米オンラインゲームユーザーのプロフィール
2.北米のオンラインゲーム企業動向
 (1)主なオンラインゲーム事業者リスト(連絡先、URLなど)
 (2)北米に進出している海外(日本・韓国など)企業のプロフィール
 (3)その他
3.ネットワークのインフラの現状
 (1)コンソールとPCの普及数
 (2)インターネット普及数と率
 (3)家庭へのブロードバンドインフラ普及率
 (4)ブロードバンドの内訳、ADSL、CATV、FTTH等の数と率
 (5)下り各回線スピード数(200k‾2.5mbps, 2.5‾10mbps, 10‾25mbps, 25‾100mbps, 100‾mbps)
 (6)ケーブルTVインフラ情報
 (7)ブローバンドサービスの一覧
 (8)通信会社の光ファイバー回線サービスの動き
4.モバイルでのゲームコンテンツの現状と今後の可能性
 (1)Nintendo DSのコンテンツ
 (2)Playstation PSPのコンテンツ
 (3)携帯電話上のゲーム
 (4)最近のニュース
図表インデックス

発行年月 :2008年8月
作成部署 :海外市場開拓課
総ページ数 :77ページ

PDFファイルのダウンロード:

記事番号:05001622

関連情報

ご質問・お問い合わせ