1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 調査レポート
  4. インド企業のグローバル戦略 (2008年1月)

インド企業のグローバル戦略 (2008年1月)

最終更新日: 2008年01月28日

近年インド企業のクロスボーダーM&A;が活発化しています。2007年のタタ・スチールによるコーラス・グループ買収、2006年のドクター・レディー・ラボラトリーズによるベータファーム買収などが記憶に新しいところです。これらのメガディール以外にも無数のM&A;が行われており、インド企業はグローバル化を進め、「インド多国籍企業」となりつつあります。これらインド企業は有望なパートナーに、あるいは手ごわい競争相手になりえます。本調査の目的は、こうした主要インド企業の基本情報やその海外戦略を整理することで、日本企業の参考となる資料を提供することにあります。

また、ジェトロでは、別途、米国企業のインド向けオフショアリング調査を実施しています。本調査は、これと関連して、インドへのオフショアリング、特に知識集約的な業務を対象とするナレッジ・プロセス・アウトソーシング(KPO)を自身で実践し、その結果をオフショアリング調査報告書に活かすように計画したものでもあります。具体的には、ジェトロは調査の企画およびプロジェクト・マネジメントのみを行い、現地での調査は全面的にインドの調査企業イバリュサーブにアウトソースしました。

発行年月 :2008年1月
作成部署 :海外調査部 北米課
総ページ数 :214ページ(日本語版:118ページ、英語版:96ページ)

●英語版は以下より入手することができます。(印刷可)

記事番号:05001499

関連情報

ご質問・お問い合わせ