1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 調査レポート
  4. ブラジル・コンテンツ産業調査(輸出促進調査シリーズ) 2007年3月

ブラジル・コンテンツ産業調査(輸出促進調査シリーズ) 2007年3月

最終更新日: 2007年04月12日

本レポートは、南米ブラジルにおけるコンテンツ(映画、テレビ番組、アニメ、マンガ、音楽、ゲーム)市場状況と現地の主要な企業及び日本製コンテンツ購入の可能性のある企業、各国の輸入実態などの項目を明確に整理し、日本企業がブラジルに販売する際の参考資料として作成しました。

マンガ、アニメ、キャラクターグッズの分野では既に日本製コンテンツがブラジル市場に入り始めていますが、他の外国製コンテンツに比べ、認知度は低いのが現状です。例えば、日本製のマンガを取り扱う出版社は全国で2社にとどまり、アニメ番組も日本製を扱うのは主に有料放送局で、全国ネットの地上波放送では取り扱いが小さいのが現状です。もっとも、ブラジルでは貧富の格差が大きいため、日本製コンテンツの消費ターゲットとなりうる人口が限られ、さらには模倣品、海賊版などビジネスに取り組む上での障害が大きいことも問題です。

本レポートでは、コンテンツ各分野の市場規模を示すデータとともに、主な流通網及び業界関係者へのインタビューをご紹介します。


主な図表 :
・2005年の興行成績上位20位(映画)
・2005年国産映画興行成績ランキング
・各ネットワークの視聴シェア(テレビ番組)
・地上波テレビ局別の視聴率
・ブラジルの全国ネットの日中/夜間時間帯
・劇場用アニメーション観客動員数上位20位
・音楽ソフト/CDの売上高推移
・プラットフォーム別ゲームの違法複製普及率(2004年)
・業種団体、各種協会、政府機関及び企業の連絡先
・関連見本市

発行年月 :2007年3月
作成部署 :市場開拓部 輸出促進課
総ページ数 :72ページ

Acrobat Reader7.0以上推奨
↓Acrobat Reader7.0は、以下のサイトから無料でダウンロードできます。

PDFファイルのダウンロード:

記事番号:05001396

関連情報

ご質問・お問い合わせ