1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 貿易・投資相談Q&A
  4. ローズウッドを使用した楽器の輸出手続き:日本

ローズウッドを使用した楽器の輸出手続き:日本

ローズウッドを一部使用したギターを海外に輸出したいと考えています。新たにワシントン条約の規制対象になると聞きました。その概要を教えてください。

ローズウッドについては、ワシントン条約第17回締約国会議の結果、マメ科ツルサイカチ属、ブビンガ属3種、アフリカローズウッドが同条約の附属書IIに新たに掲載されました。このため、この種を使用したものは2017年1月2日以降、事前に承認・許可をとらなければ輸出入ができません。

I. 附属書改正の概要と輸出入手続きの取扱い

ワシントン条約第17回締約国会議の結果を踏まえ、条約附属書が改正されました。2017年1月2日以降、新たに附属書に掲載された種の動物や植物を使用した貨物に関しては、事前に承認・許可をとらなければ輸出入できません。

ローズウッドについては、マメ科ツルサイカチ属(ローズウッド、学名Dalbergia spp.)、ブビンガ属3種(学名Guibourtia demeusei、Guibourtia pellegriniana、Guibourtia tessmannii)、アフリカローズウッド(学名Pterocarpus erinaceus)が附属書IIに新たに掲載されました(附属書Iに掲載される種を除きます)。丸太など木材そのものだけでなく、これらを一部でも使用していれば、規制対象となります。
製品として使用される例として、ギターや木管楽器などの楽器の他、スピーカーなどの音響器具、家具、仏壇などの宗教用具、自動車の内装(中古車含む)、木材の抽出物・香料・アロマオイル、ビリヤードのキューなどの道具があります。
今回の改正では、ローズウッド以外でも動物種のうちセンザンコウ、その他動物種<ヨウム、コダママイマイ(カタツムリ)、アシナシトカゲ等>が附属書IIから附属書Iに移行しており、2017年1月2日以降、手続きが変更となりましたのでご注意ください。

II. ワシントン条約の規制対象

ワシントン条約の規制対象となる動物や植物そのものだけでなく、対象の種が一部でも含まれていれば、加工品であっても輸出入の際に手続きが必要です。また、新品か中古かを問いません。
このほか、対象種の原材料を輸入して国内で製造した製品だけでなく、製品の状態で輸入したものを再度外国へ輸出する場合も規制対象となります(例:原材料を輸入しギターや化粧品に加工して輸出、製品の状態で外国から輸入し、再び第三国に輸出する場合)。
なお、植物種の場合は、注釈により規制対象範囲が限定されている場合がありますので、附属書の記載内容をご確認ください。

関係機関

経済産業省貿易経済協力局貿易管理部野生動植物貿易審査室外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

参考資料・情報

(お知らせ)ワシントン条約:第17回締約国会議における附属書改正事項についてPDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)(333KB)
(お知らせ)ワシントン条約附属書の改正に伴う我が国の輸出入手続の取扱いについてPDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)(216KB)

調査時点:2016/12

記事番号: J-161201

ご質問・お問い合わせ

記載内容に関するお問い合わせ

貿易投資相談Q&Aの記載内容に関するお問い合わせは、オンラインまたはお電話でご相談を受け付けています。こちらのページをご覧ください。