1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 貿易・投資相談Q&A
  4. 紙おむつ、トイレットペーパーなどの日用品、個人衛生用品の製造、販売に関する規制:中国

紙おむつ、トイレットペーパーなどの日用品、個人衛生用品の製造、販売に関する規制:中国

質問

中国において外国企業が紙おむつ、トイレットペーパーなどの日用品や衛生用品の製造、販売を行う企業を設立する場合、また同製品を輸入する際の規制や認証に関してどのような法規制があるか教えてください。

回答

紙おむつ、ティッシュペーパーティッシュペーパーなどを生産する企業を設立する場合は、通常の会社設立手続きの他に消毒製品生産企業衛生許可証の取得が必要です。販売企業については特別な資格は要求されません。

I. 生産型企業の設立手続き

紙おむつ、ティッシュペーパーなどを生産する企業を設立する場合、以下の手続きを行う必要があります。

  1. 企業名称の仮認可を受ける
  2. 商務部門の審査・許可を経て、批准証書/届出証明を取得する(ネガティブリストである場合を除き、自由貿易試験区内は届出だけでよい)
  3. 工商部門で登記を行い、営業許可証を取得する(現在、営業許可証、組織機構コード証、税務登記証の「三証一本化」改革を進めている)
  4. 衛生部門の審査・許可を経て、消毒製品生産企業衛生許可証を取得する
  5. 税関、外貨管理部門などで登記を行い、その他証書を取得する

上記手続きのうち、dの消毒製品生産企業衛生許可証を取得するためには通常、品質保証体系を構築し、生産工程プロセスを制定し、CMA(資質認定計量認証証書)認証資格を具備する機関による生産用水・生産環境検査などを実施する必要があります。企業の衛生状況は、「消毒製品生産企業衛生規範(2009年版)」の要求に合致し、消毒製品生産の各標準取扱規程と管理制度を構築・整備する必要があります。

トイレットペーパーのみを製造する企業は、上述dの消毒製品生産企業衛生許可証の取得は不要ですが、その他の手続きが必要です。

紙おむつ、ティッシュペーパー、トイレットペーパーなどの使い捨て家庭紙の品質は、「使い捨て家庭紙生産加工企業監督管理規定」に従い、以下の基準に合致する必要があります。

  1. 「使い捨て衛生用品衛生基準」(GB15979-2002)
  2. 「トイレットペーパー(トイレットペーパー原紙を含む)」(GB20810-2006)
  3. 「クレープトイレットペーパー」(QB2500-2000)
  4. 「ティッシュペーパー」(GB/T 20808-2011、QB3529-1999)
  5. 「紙おむつ(フラットタイプ、パッドタイプ)」(GB/T 28004-2011)および「紙おむつ(フラットタイプ、パッドタイプを含む)」(QB/T 2493-2000)
  6. その他関係基準

II. 販売業務について

紙おむつ、ティッシュペーパー、トイレットペーパーの販売企業については、特殊な資格要求はなく、卸売、小売、輸出入などの経営範囲を取得していれば販売業務を行うことができます。

流通段階に入った紙おむつ、ティッシュペーパー、トイレットペーパーなどの製品は、パッケージ上に上述の基準のコード番号、名称のほか、「製品品質法」などの規定に基づき中国語で以下の内容を表示する必要があります。

  1. 製品品質検査合格証明
  2. 製品名称、生産工場の名称・所在地、連絡先電話番号、郵便番号など
  3. 輸入業者または総販売元の名称、所在地(国産製品は除く)
  4. 原産国または地区の名称(国産製品は除く)
  5. 製品規格、等級、主要含有成分の名称と含有量
  6. 主要原料名称
  7. 製造年月日と品質保証期間/製造ロット番号と使用期限

また、紙おむつ、ティッシュペーパーなどは、「消毒製品ラベル説明書管理規範」規定に基づき、パッケージ上に以下の内容を表示する必要があります。

  1. 生産企業衛生許可証番号(輸入製品は除く)および衛生基準
  2. 製品の特性に合致する貯蔵条件

生理用ナプキンやトイレットペーパーなどの製品に消毒、減菌、殺菌、除菌、薬物、健康保護、除湿、保湿、痒み止め、炎症抑制、消炎、殺精子、避妊、および検査上の根拠がない抗菌(菌抑制)作用などの内容を表示することは禁止されています。

III. 輸入規制について

「輸入紙おむつなどの使い捨て衛生用品を<出入国検査検疫機関が検疫検査を実施する輸出入商品目録>に組み入れることに関する公告」に基づき、2006年1月1日から、トイレットペーパー、ティッシュペーパー、ポケットティッシュ、紙ナプキン、生理用ナプキン、紙おむつなどの商品は「検査検疫目録」に組み入れられ、輸入検査検疫を実施しています。輸入検査検疫において、製品は国家基準である「使い捨て衛生用品衛生基準」(GB15979)に合致しなければなりません。また、関係製品の毒理学テストの結果報告書の提出を求められることがあります。

IV. 紙おむつ、トイレットペーパーなどに関する認証

「家庭紙原生態製品認証技術規範」(CQC1605-2015)および「家庭紙原生態製品認証規則」(CQC16-321311-2015)により、中国における紙おむつ、トイレットペーパーなどの認証は主に家庭紙原生態認証<任意製品認証制度(CQC認証)>を実施しています。

  1. 認証対象
    CQC認証の対象は主に「家庭紙」であり、ティッシュペーパー(原紙を含む)、トイレットペーパー(原紙を含む)、手拭きペーパー(原紙を含む)、キッチンペーパー(原紙を含む)などが含まれます。
  2. 認証・検測部門
    企業は中国品質認証センターに家庭紙原生態製品認証を申請します。製品検測は現時点では広東省東莞市品質監督検測センターにおいて行われています。
  3. 認証手続き
    認証段階は主に、認証申請、製品検査、初期工場検査、認証結果の評価と基準、証書取得後の監督および再審査などが含まれます。認証申請の際には通常、以下の資料を提出する必要があります。
    1. 家庭紙原生態製品認証協議書
    2. 正式な申請書
    3. 家庭紙製品の説明
    4. 原紙供給者の家庭紙原生態製品認証証書(認証対象者が原紙の生産工場である場合は提供する必要はない)
    5. 申請者、製造業者、生産工場の営業許可証、組織機構コード証、衛生許可証
    6. 申請者が販売業者、輸入業者である場合は、販売業者と生産者、輸入業者と生産者が締結した契約書の副本も提供する必要があります。
    7. 成分構成説明資料、塩素漂白をしていない旨の声明資料
    8. 有効な監督検査報告または工場検査報告(もしある場合)
    9. ブランド使用声明
    10. 代理人の授権委任状(もしある場合)
    11. その他必要な文書
  4. 認証マーク
    認証マークは主に2つの部分で構成されています。外側の円は中国語と英語で表記されています。内側の円は円形、数字、木の絵で構成されています。内側の絵の図案には、100%原生態製品であることを意味する「100」という数字が示されています。青色の枠内には、「中国品質認証センター」の英文略称「CQC」が表示されており、これはCQC認証を取得したことを意味しています。マーク図案では緑と青をメインカラーとし、背景色は白を採用しています。青は地球を示し、緑と白は環境保護と清潔を意味します。


    参考図

    同認証を取得した企業には、家庭紙原生態評価認証証書が交付され、製品パッケージに上述のマークを使用することができます。

V. その他留意点

「製品品質監督抽出検査管理弁法」に基づき、人体の健康、人身と財産の安全に関係するトイレットペーパー、紙おむつなどの使い捨て衛生用品については、中国国家質量監督検験検疫総局が品質監督・抽出検査を行います。

また、一部地方の品質検査部門は化粧品の関係規定と基準を参照し、紙おむつ、ティッシュペーパーの重金属含有量などを厳格に規制することがあります。

関係機関

関係法令

調査時点:2015/11

記事番号:C-151101

ご質問・お問い合わせ

記載内容に関するお問い合わせ

貿易投資相談Q&Aの記載内容に関するお問い合わせは、オンラインまたはお電話でご相談を受け付けています。こちらのページをご覧ください。