1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 貿易・投資相談Q&A
  4. 加工食品の現地輸入規則および留意点:ミャンマー向け輸出

加工食品の現地輸入規則および留意点:ミャンマー向け輸出

ミャンマー向けに加工食品を輸出する際の現地輸入規則と留意点について教えてください。

ミャンマーでは、食品の生産、販売、輸出入に関して、国家食品法1997年第5号(National Food Law No.5/97, 1997年3月3日施行)が規定されています。
保健省食品医薬品局(Ministry of Health and Sports, Food and Drug Administration: FDA)が、ミャンマー食品・医薬品専門家委員会が定めた指令や規則に基づき、食品安全、品質管理、輸出入等を管理しています。

I. 輸入規則と手続き

  1. 輸入規則
    ミャンマーにおいて食品の生産、販売、輸出入を管理する法律は、国家食品法1997年第5号(National Food Law No.5/97, 1997年3月3日施行)です。 ミャンマー食品・医薬品専門家委員会(Myanmar Food and Drug Board Authority)が食品の生産、保管、検査、表示、宣伝広告、販売等に関する指令や規則を定め、管理食品の分類や食品添加物の認可を行います。しかし、まだ指令や規則が発布されていないものが多いため、多くはコーデックス委員会(CODEX)の国際食品規格に準拠しています。保健省食品医薬品局(FDA)は、ミャンマー食品・医薬品専門家委員会が定めた指令や規則に基づき、食品安全、品質管理、輸出入等を管理しています。輸出入に関する規則は、輸出入法(2012年)、大統領令(1954年)および商業省大臣官房命令No.5/98に定められています。 FDAとは別に、農業畜産灌漑省農業局(Department of Agriculture, Ministry of Agriculture, Livestock and Irrigation)、商業省貿易局(Department of Trade, Ministry of Commerce)、税関局(Customs Department)も輸入食品の行政にかかわっています。
  1. 輸入業者登録、輸入許可証(ライセンス)取得
    輸入業者は輸出入業者登録を行い、輸入許可証(ライセンス)を取得する必要があります。輸出入業者登録は、所定の申請用紙を商業省貿易局に提出して行います。登録有効期間は6ヵ月(仮登録)、1年、2年、3年、3年超(5年が最大)があり、登録費用は有効期間に応じて5万~20万チャットかかります。なお、会社登記簿の期限を超えることはできません(会社登記簿が仮登記の場合のみ業者登録の有効期限は6ヵ月)。

    登録およびライセンスを取得後、輸入業務を行うことができますが、商業省通達によりネガティブリストとして指定された品目を輸入する場合には、輸入許可証の取得が必要となります。なお、ネガティブリストに記載された加工食品のうち、Non-Auto Licensingとされる品目については、輸入許可証の取得にFDAからの推薦状が必要となります。輸入許可証の有効期限は3カ月です。

  1. 輸入手続き
    1. 加工食品
      輸入の前に、輸入者はFDAに下記の書類を提出して、同局から衛生証明書を取得しなければなりません。同局の証明書の発行費用は、1品目当たり約30米ドルです。
      • 衛生証明書(Health Certificate)申請書
      • 原産地証明書(Certificate of Origin)
      • 品質証明書(原材料リスト)(Certificate of Analysis)
      • 製造許可書(Manufacturing License)
      輸入者はFDAの衛生証明書を入手した後、その証明書を商業省貿易局に提出して、当該商品の輸入許可証を申請します。輸入港での商品検査は輸入許可証に記載された条件に従って行われます。
    1. 植物・同加工品
      植物害虫検疫法(Plant Pest Quarantine Law)により、農業畜産灌漑省は輸入植物・同加工品を検査した後に輸入を許可します。輸入者は商業省への輸入許可申請に先立ち、農業畜産灌漑省傘下のミャンマー農業公社(Myanmar Agricultural Service)に植物検疫証明書(Plant Quarantine Certificate)を申請します。植物検疫証明書の費用、検査費用、サンプルの分析費用は輸入者の負担となります。ミャンマー農業公社から植物検疫証明書を入手後、商業省に輸入許可を申請します。
    1. 食肉・同加工品
      動物健康発達法(Animal Health and Development Law)により、農業畜産灌漑省が輸入食肉・同加工品を検査します。食肉・同加工品を輸入する前に、輸入者は商業省から輸入許可を取得しなければなりません。輸入許可の取得に際して、農業畜産灌漑省からの推薦状を添付する必要があります。また、輸入ごとに衛生証明書を申請し、出荷明細を申告しなければなりません。 衛生状態や品質に関する検査に合格すると、家畜育種・獣医局長が推薦証明書を発行し、輸入者は商品の引き渡しを受けることができます。輸入者は検査費用、推薦証明書費用提出の他、家畜育種・獣医局長が必要と認めた費用を負担しなければなりません。
  2. 輸入禁止品目
    2013年2月現在、輸入禁止の対象となっているのは、以下のとおりです。(1)リキュール類、(2)ビール、(3)タバコ、(4)現行法で定められた禁輸品目。
    過去に輸入が禁止されていた品目でも、ホテル、レストラン、ショッピングセンターなどにケースバイケースで輸入が認められたことがあります。その場合は、外国人観光客へのサービス提供などを理由にホテル観光省から輸入許可を取得する必要があります。現状では、ホテル観光省は推薦状しか発行しないようで、内務省にその発行権限が移行している模様です。

II. 食品表示規制

食品の表示や規則については、National Drug Lawにより、関係省庁からメンバーが出されているMyanmar Food and Drug Board Authorityが食品に関する規定を定めることになっています。しかし、国内法や通達は出されておらず、保健省と科学技術省が法整備を進めている状況です。 海外からの輸入食品の中には輸出国のラベルが貼られたまま販売されているものも見受けられます。
ASEAN食品管理規範によれば、以下の表示が必要です。

  1. 商品の名称
  2. 原材料リスト(含有量の多い順)
  3. 正味内容量
  4. 製造者または梱包者または販売者の名前と住所
  5. 賞味期限及び保存方法(必要あれば)
  6. 使用方法(必要あれば)

III. 食品添加物規則

ミャンマー食品・医薬品専門家委員会が食品添加物規則を管轄するよう定めていますが、食品に使用が認められる添加物のリストはまだ発表されていません。そのため、国際食品規格(CODEX)の食品添加物基準に準拠しています。

IV. 残留農薬規則

残留農薬および食品汚染については、国際食品規格(CODEX)の許容限度に準拠しています。

V. 食品包装規則

食品の容器包装のサイズや重量に関する規則はありません。しかし、ASEAN品質標準諮問委員会の包装済み食品ワーキンググループは合成樹脂製容器包装の規格基準について、国際基準に準じるよう奨励しています。

VI. 輸入通関

輸入者は以下の書類を整えて、輸入申告書を税関局に提出します。

  1. 輸入許可証(輸入ライセンス)※必要な場合のみ
  2. Bill of Exchange(L/Cでの取引の場合のみ)
  3. 商業送り状(Commercial Invoice)
  4. 梱包明細書(Packing List)
  5. 品質証明書(Inspection & Testing Certificate)
  6. 保険証券
  7. 輸入品に関する推薦状(関連省庁から) ※必要な場合のみ
  8. 船荷証券(Bill of Lading)(オリジナルを1セット)
  9. 荷渡指図書(Delivery Order)(輸入港の船会社の代理店から入手)
  10. 委任状
  11. 企業登記証(Company Registration Certificate copy)
  12. 輸出入者登録証(Exporter/Importer Registration Certificate copy)

VII. 輸入関税

輸入関税は、CIF相当額と陸揚費用(CIF相当額の0.5%)の合計額を課税対象額として計算されます。
輸入関税と同時に商業税(Commercial Tax)も課税されます(商業税の税率は品目によって異なる)。商業税は陸揚時の価格(輸入関税課税対象額と輸入関税額の合計)を課税対象額とします。これらの課税は、税関手続きの際に行われます。

VIII. 日本ASEAN包括的経済連携(AJCEP)協定

日本ASEAN包括的経済連携(AJCEP)協定について、ミャンマーとは2008年12月1日に発効しました。日本からミャンマーに日本原産品を輸出する際、AJCEP協定特定原産地証明書をミャンマーの税関に提出することによって特恵関税率が適用されます。特定原産地証明書の発給手続きについては、日本商工会議所にお問い合わせください。


関係機関

保健省(Ministry of Health)
農業畜産灌漑省(Ministry of Agriculture, Livestock and Irrigation)
商業省(Ministry of Commerce)
税関局(Customs Department)

関係法令

国連食糧農業機関:
国家食品法(National Food Law No.5/97)(国家法秩序回復評議会1997年法律第5号 1997年3月3日施行)(238.74kb)
植物害虫検疫法(The Plant Pest Quarantine Law)(国家法秩序回復評議会1993年法律第8号 1993年6月16日施行)(英訳)(和訳)
残留農薬法(Pesticide Law)(国家法秩序回復評議会1990年法律第10号1990年5月11日施行)

Burma Lawyers' Council:
動物健康発達法(Animal Health and Department Law)(国家法秩序回復評議会1993年法律第17号1993年11月25日施行)(75.58kb)
輸出入法(2012年9月17日)(50.63kb)
輸出入業者登録の期間と登録料
輸入ネガティブリスト(28.57Mb)
The National Drug Law(977.08kb)

参考情報・資料

コーデックス委員会:
国際食品規格(CODEX)

ASEAN:
食品管理規範(ASEAN Common Principles for Food Control Systems)(117.04kb)

ジェトロ:
世界各国の関税率

調査時点:2017/3

記事番号: A-130102

ご質問・お問い合わせ

記載内容に関するお問い合わせ

貿易投資相談Q&Aの記載内容に関するお問い合わせは、オンラインまたはお電話でご相談を受け付けています。こちらのページをご覧ください。