1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 貿易・投資相談Q&A
  4. ペットフード安全法:日本

ペットフード安全法:日本

質問

ペットフード安全法の概要について輸入の観点から教えてください。

回答

愛がん動物用飼料(ペットフード)の安全性の確保を図るため、2009年6月1日に、「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」(ペットフード安全法)が施行されました。法律の対象となるのは犬及び猫用のペットフードです。

I. 関税分類番号(HSコード)

飼料用に供する種類の調製品、犬用または猫用(小売り用にしたもの)(HS23.09.10)

II. 愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律(ペットフード安全法)

ペットフード安全法によりペットの健康に悪影響を及ぼすペットフードの製造、輸入又は販売は禁止されます。消費者に対して適切かつ十分な情報を提供するために製造業者名や賞味期限などの表示が義務付けられます。同法の対象となる愛がん動物用飼料とは、犬用または猫用のミネラルウォーター、生肉、スナック、ガム、サプリメント等です(法第2条第2項)。愛がん動物が口にする可能性のあるものであっても、おもちゃ、愛がん動物用飼料の容器等は、栄養に供するものではないことから、対象となりません。また、動物用医薬品は、医薬品および医療機器等法によって規制され、ペットフード安全法の対象ではありません。

      1. 事業者としての届出義務
        ペットフードの輸入業者または製造業者は、法人・個人を問わず、主たる事務所が所在する都道府県の農林水産省農政局等に事業者として届出が義務付けられています。これは、事業者に関する情報を国があらかじめ把握するとともに、事故があった場合に、製品の廃棄・回収を速やかに行うことを目的としています。輸入業者として届け出の有無は、以下のとおりです。
        1. 輸入業者として届出を要する業者
          1. 日本国内で販売するために、海外の自社工場で製造されたペットフードを輸入する業者(貨物の輸入者となる業者)
          2. 海外で製造または販売されているペットフードをバルクや容器包装に入れられた状態で輸入する業者(当該業者が販売業者であっても、当該貨物の輸入者となる場合を含む)
        2. 輸入業者として届出を要しない業者
          1. 原材料のみを輸入して、国内で製造を行う業者(販売用ペットフードを製造する場合は、製造業者の届出は必要)
          2. 輸入通関業のみを行う業者
          3. 輸入者の委託を受けて、輸入された販売用ペットフードを取り扱う運送業・倉庫業のみを行う業者
          4. 販売者の委託を受けて海外で製造または販売されている販売用ペットフードの輸入を代行する業者(輸入商社など)で、通関に際し貨物の輸入者とならない業者
      2. 帳簿の備え付け義務

        ペットフードの輸入業者、製造業者、販売業者(小売は除く)は、輸入・製造・販売の記録を残すため帳簿を備え付けることが義務付けられています。輸入業者の場合、輸入および販売したペットフードの名称、数量、輸入年月日、荷姿などを帳簿に記載し、あるいはコンピュータに記録し、保存することが義務付けられています。

III. 基準・規格および表示

      1. 基準・規格

        ペットフードの製造・販売にかかる基準・規格(添加物、農薬、汚染物質等の含有量)は、法第5条に基づき「愛玩動物用飼料の成分規格等に関する省令外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます」により定められています。基準・規格に適合しないものは製造・輸入・販売することができません。

      2. ラベル表示

        販売用ペットフードには、次の事項を表示しなければなりません。

        1. 販売用ペットフードの名称(犬用又は猫用)
        2. 原材料名(原則的に添加物を含む全ての原材料を表示)
        3. 賞味期限
        4. 事業者の氏名又は名称及び住所
        5. 原産国名(最終加工工程を完了した国)

関係機関

農林水産省:
ペットフード安全法(消費・安全局畜水産安全管理課)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
環境省外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

参考資料・情報

ペットフード安全法の概要外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
ペットフードの安全確保のためにPDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)(444KB)
ペットフード安全法届出や帳簿に関するマニュアルPDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)(872KB)

調査時点:2013/10
最終更新:2017/11

記事番号: M-091205

ご質問・お問い合わせ

記載内容に関するお問い合わせ

貿易投資相談Q&Aの記載内容に関するお問い合わせは、オンラインまたはお電話でご相談を受け付けています。こちらのページをご覧ください。